こんにちは。編集長の上村です。

起農を意識しはじめてから・・・「何を作るか?」を考えながら、いろいろ師匠のお手伝いをしていますが・・・。

どうやら僕が興味を持つのは「加工」かな?って思い始めています。

加工好きが高じて・・・「あの竹やぶ、好きにしていいぞー」の竹を使って門松とか作りたくなったが、こらえた。しかし、年末はやりたくなるかもしれない(門松職人もいい!)。

師匠が「昔は売れたぞー」と話すときの顔がうれしそうで・・・。

そういえば、田舎のリズムはかなりゆったり・・・。

土地交渉を始めてから、早100日超え。ようやく300坪でお茶、そして600坪で湘南ゴールドづくりを決めています。農業指導者の師匠(85歳)もノリノリです。危ないくらいだ。

しかし、時間をかけているわりには「何をするか?」を絞れないので、最近ではもっぱら「何を作らないか?」を考えています。

たとえば、作らないもの・・・大好きなハーブティーを手掛けるハーブ&ガーデンさんのお茶には勝てないので、ハーブティーは作らない、とか。

そして、野菜そのもののうまさではタケイ先生の足元どころか、千葉県にも行けないので、野菜は無理だろ?とか。

そんなこんなでいろいろ妄想しているとどうやら、「素材×ひと手間」にワクワクすることに気づきはじめたのです。

加工の例・・・

ハーブは「化粧品」だったり、お茶は「いろんな種類の紅茶」でもいい。湘南ゴールドもそのまま出荷ではなく、「シャンパンとの組み合わせ」でもいい・・・一人ではできないが・・・。

最近はさらに、ここの水の特徴を強みとして使わない手はない、と思っている。

ここの水は抜群すぎるくらい抜群で、この軟水で作ったお料理は何を食べてもうまいから。

水の中身はカルシウム・マグネシウムが1リットルあたり41ミリグラムの軟水であり、体との相性が良い弱アルカリ性(ph値7.7)です。

さらに、天然のミネラルとして注目を浴びているバナジウムは1リットルあたり30μg。

バナジウムは、血糖値を下げ、脂質・コレステロールの代謝を促し、中性脂肪値を正常に保つなどの働きがあり、動脈硬化を防ぐ効果があるともいわれています。

実は、日本でこのバナジウムを多く含んだ水を採取できるのは、玄武岩の地盤が7層もある、富士山麓の限られた地域だけとなっているらしい。この水が大好きで、毎週5リットルは持ち帰りますが、私の畑(900坪)で作るお茶、ハーブ、みかんも、この水で作り出すもの。

・・・そうだ。「水を強みにする!」が、今日新しく決まったこと。

しかし、具体的なカテゴリーはまだ決まらない。

水のことばかり考える今、1ヵ月先にはまさかの・・・ビールとか?ならないように(祈)。

いやむしろ・・・究極の加工なし商品である「水」を商うことになっていたら面白い・・・。メーカーになるかもだ(笑)。

もし「水をやる!」を決めた場合は、加工しないにも程があるが、ボトルくらいは工夫する(笑)。

※湘南ゴールドは、神奈川県の農業技術センターが開発した「みかん」の食べやすさと「ゴールデンオレンジ」の味と香りをもった、黄色いオレンジです。

PS:ABS講義は残すところ・・・2つ。大変だったなー。


上村 隆幸(かみむら たかゆき)

インキュベクス ファウンダー(創業者)

1965年神奈川県生まれ。1998年、起業コンサルタント業を開始し、以来3000社を超える起業支援を手がける。日本の医療のが在宅シフトにともない「子供からお年寄りまで」すべての生活者が安心と幸福を実感できる地域社会づくりに向けて「ケアーズ訪問看護ステーション開業運営支援」を開始し現在全国800社以上をネットワーク。また「介護の王国」では食費を含めた¥95.000を関東圏で実現する。こちらは全国70拠店。

また「介護の王国」では食費を含めた¥95.000を関東圏で実現する。こちらは全国70拠店。2021年より神奈川県南足柄市で農業生活をスタート。生産者の視点で「農のある暮らし」「農のある医療」「農のある介護施設」づくりを推進している。

青山学院大学 大学院 国際マネジメント研究科 MBA
産業技術大学院大学(AIIT)創造技術専攻 事業アーキテクチャ(修士)
国際医療福祉大学大学院 保健医療学 博士課程(中退)
新極真空手 木元道場所属 初段


Follow me!