こんにちは、編集長の上村です。

日本にはまだ馴染みがないケアファーム(介護×農業)を推進すべく日々、そのあり方を探っています。

具体的には「1200坪の土地にわずか300坪の介護施設を建てケアするとは?」を定義することです。

中国の友人によると目指すべきは、世外桃園※だろ!?と(笑)。

※世外桃園とは
世俗の世界から脱した心地よい人間の安らぎの場所、古代の詩人や隠居したい人々にとって一生求めたい憧れの場所

しかし!とにかく広い!今の課題は残りの900坪で何をするかだ。

鶏を飼っても足りないが・・馬や牛には狭い。

じゃ猫か?(笑)。 そういう問題ではないわけね!?

無論、ハーブガーデンと打ち出すには狭い(笑)。

900坪は入居者が片手間にハーブや菜園を楽しむレベルではない広さ。かといって緑を楽しもうではAIITマンとしてはあまりにも芸が無さすぎる・・・(笑)。僕の家を建ててもまだ余る。

ハーブな乙女ライフ!今の暮らし方を少々変化させてニーズを探る

・・・ということで、農業×介護施設経営の具体的なイメージをつかむために、今の暮らし方を少々変化させてニーズを探ることにした。

まず、僕はハーブライフそしてよりパーマカルチャライフに自分からはまることにする。

ABSを終え、次にハーブな乙女ライフに入学するわけだ!
(友人のアドバイスに従い・・新生活を!)

まずは・・ハーブの石鹸で身体を洗い(笑)・・・

ハーブのキャンドルで読書も(大笑)・・・

そしてシアバター※でしめる(爆笑)・・・
(※シアバターでお風呂上がりのお肌をモイスチャライズする。)

自ら実践することで「Comes Farm ブランド」で提供するものは作れるはずだ。

売れないリスクよりも、売れるリスクに備える!

どうしよう、いろいろなホテルからオファーありすぎたら・・・などバカみたいな楽天的思考に見えるが・・・

売れないリスクよりも、実は売れるリスクに備えるほうが経験上現実的だ。

売れなければ・・・やめるだけだから。

もちろん身体の中から美しくなる。ハーブそのままでハーブティー、紅茶に混ぜる無限のフレーバーティーライフを送るのです、ハイハイやりますよ!

そうこうしているうちにやるべきことは見えてくるわけだ。

・子育て支援もやるのは決まっている・・・

・学童も出来るが・・・僕には時間がない・・・

・場所は用意するので・・マルシェは誰かに頼む・・

・900坪の管理者は探さなきゃだ

etc


上村 隆幸(かみむら たかゆき)

インキュベクス ファウンダー(創業者)

1965年神奈川県生まれ。1998年、起業コンサルタント業を開始し、以来3000社を超える起業支援を手がける。日本の医療のが在宅シフトにともない「子供からお年寄りまで」すべての生活者が安心と幸福を実感できる地域社会づくりに向けて「ケアーズ訪問看護ステーション開業運営支援」を開始し現在全国800社以上をネットワーク。

また「介護の王国」では食費を含めた¥95.000を関東圏で実現する。こちらは全国70拠店。

2021年より神奈川県南足柄市で農業生活をスタート。生産者の視点で「農のある暮らし」「農のある医療」「農のある介護施設」づくりを推進している。

青山学院大学 大学院 国際マネジメント研究科 MBA
産業技術大学院大学(AIIT)創造技術専攻 事業アーキテクチャ(修士)
国際医療福祉大学大学院 保健医療学 博士課程(中退)
新極真空手 木元道場所属 初段


Follow me!